1. トップ>
  2. 空き家関連情報 リフォーム

空き家関連情報

リフォーム

サービスの概要 ・リフォームを行うことで空き家の価値を高め、高い家賃での賃貸、高い価格での売買が可能となる。以下のようなリフォームがある。
○生活の快適性を高めるためのリフォーム(水回りの改修、間取りの変更など)
○耐震改修
○バリアフリー改修(段差の解消、廊下幅等の拡張、手すりの設置、EVの設置など)
○省エネルギー改修(断熱改修、太陽光利用システム設置など)
・賃貸住宅では貸主がリフォームを実施するのが一般的だが、新しいやり方として「借主負担DIY」という方法があり、貸主、借主の双方にメリットがある手法として、国土交通省が設置した「個人住宅の賃貸流通の促進に関する検討会」でとりあげられている。
費用の目安 ・リフォームの内容によって一概にはいえない。耐震上の問題ある住宅については耐震改修することが望ましく、その分の費用をみておく必要がある。また、水回りをリフォームすると費用がかさむ。
・公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターが「住宅リフォーム見積チェックシステム」というサイトを運営している。
http://www.checkreform.jp/index.html
ここでは、自分でリフォーム費用を調べたり、予定するリフォームに応じた見積書式を作ったりできる。また、モデル住宅における見積事例を掲載しており、リフォームの金額の目安を知ることができる。
事業者等の情報 般社団法人岐阜県建築士事務所協会
 以下のホームページより「会員リスト」をみることができる。
http://www.gaaf.or.jp/index.htm

公益社団法人岐阜県建築士会
 以下ホームページの「建築士を探そうネット」より登録された会員の概要や自己PRをみることができる。
http://www.gifukenchikushikai.or.jp/

一般社団法人岐阜県建築工業会
 以下ホームページより会員名簿をみることができる。
http://www.gifu-cia.or.jp/
専門相談窓口 一般社団法人岐阜県建築士事務所協会
公益社団法人岐阜県建築士会
一般社団法人岐阜県建築工業会
行政等の支援制度 ・市町村が耐震改修など住宅リフォームに対して補助する制度を設けているが、「現在住んでいる建物」を対象とする制度が多く、空き家で利用できる制度は多くない。空き家の購入者、借主がリフォームを実施する場合には利用することができる。地方公共団体における住宅リフォームに関する支援制度検索サイトで検索できる。
・「住宅セーフティネット整備推進事業」
既存の民間賃貸住宅の質の向上を図るとともに空き家を有効に活用することにより、住宅確保要配慮者の居住の安定確保を図るとともに、災害時には機動的な公的利用を可能とする環境を構築。
住宅確保要配慮者(高齢者世帯、障がい者世帯、子育て世帯等)の入居等を条件として、空き家のある賃貸住宅のリフォームに要する費用の一部を国が直接補助する制度。
空き家等にかかる支援制度

ページトップ

空き家・すまい総合相談室(岐阜県住宅供給公社 内)
電話:0584-81-8511
〒503-0807 大垣市今宿6-52-18 「ワークショップ24」6階

Copyright© 2015 岐阜県住宅供給公社 All Rights Reserved.